高齢者住宅の種類とサービスの内容

高齢者住宅には、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどがあります。
サービス付き高齢者向け住宅は、高額な入居一時金が不要ですので、まとまったお金がなくてもすぐに入居することができます。
有料老人ホームは高額な一時金が必要になりますので、ある程度まとまったお金がなければ入居することができません。
一般的な有料老人ホームの料金にはサービス利用料も含まれていますが、サービス付き高齢者向け住宅は、別途利用料を支払うことが必要になります。
サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者住宅の中では比較的入居しやすいですが、介護状態が重度になると、住み続けることができなくなります。
認知症も基本的には対応していませんので、認知症を患った場合には、退去しなければならなくなります。
サービス付き高齢者向け住宅は、介護を受ける高齢者だけでなく、要介護者や要支援者の同居者も入居することができます。
特定施設入居者生活介助の指定を受けている高齢者住宅では、介護付き有料老人ホームと同レベルのサービスを受けることができます。